Grace Blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

少しだけ・・・

私1人で過ごす時間ができた。

状況的にパソコンも持ってなくて
テレビも音楽を聴くすべもなかったので
じっくり本を読んでみました。

≪命≫

柳 美里さんの作品です。





不倫のお相手の子供を身ごもり、
その相手とは結ばれる事なく、
そして、あと8ヶ月と宣告された男性との
共同生活、出産・・・

実話という事もあり、発刊の時には話題になったのを
覚えてる。。。
そして、映画化された。DVDも出た。
ずっと見たいと思ってたけど、なかなか見れなったの。

そして、ようやくできた時間で
原作となった小説を読みきってしまいました。

女性の心の揺れ動き方、男性の心の変化
周りの反応・・・

ほんとにリアルに表現されてて(実話だからかな?)
同じ体験をしたわけでもないのに
身に詰まるものがたくさんあった・・・

【たいせつなものは、失いかけたときにはじめて、
いかに失ってはならないものだったかということを
思い知らされるのだ。自分の子や親や伴侶に愛情を
抱いているとしても、日々失ってはならないと
意識しながら生きているわけではない。ほんとうはすべての人の
命が日々失われているというのに、そのことに鈍感になっている。
いや、鈍感にならなければ生きていけないのだ。】


人が、日々、意識しながら生きていかなきゃならない事を
鈍感にならなきゃ生きていけないなんて、
悲しすぎるって思った。
せめて、私は、失ってはいけないものを見失わないように
意識していたいって思う・・・
スポンサーサイト




  1. 2005/10/09(日) 23:59:59|
  2. 本から・・・|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
 

  

無料ホームページ ブログ(blog)

copyright © 2005 Powered By ゆうみ allrights reserved

     

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。