Grace Blue

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ホワイトバンドデー IN おおさか

『そろそろ、起きなきゃ・・・』って言われて目覚める。

本気で寝てた。
着替えて、荷物持って窓から外を眺めて
『お天気よくて、よかったぁ~』って彼と2人で確認しあう。

車は集合場所へ・・・
途中、小銭の両替が出来てなかったので銀行のATMを
のぞきながら向かうけどどこも両替ができるはずがない。
近頃は両替してくれるところが減ってきてる。
ダメもとでコンビニへ。。。快く承諾してもらう。
≪ありがとうございました≫<(_ _)>

そして到着。梅田の歩道橋の上。
階段を上り、目に飛び込んだのは白Tシャツの集団(笑)
えっ?!あんなにいたっけ?
予定では20人くらいのはずなんだけど・・・
聞けば連絡の取れなかった人が現地直行してくれてる。
総勢27人。+代表と副代表。

キタ地区(梅田周辺)ミナミ地区(心斎橋周辺)
二手に分かれて打合せを始める。
私が入ったミナミ地区のメンバーには
高校生男子が2人いた。公式ページのカキコミがきっかけで
ブログやBBSやメールで会話をしてたママ。
最初のミーティングに参加できなかったことが、
ほんとに淋しかったと言ってメールくれてた。
当日はなんとしてでも!っていう彼女の気合だったのだろうか?
オコチャマも元気にママを送り出してくれたみたい。
そんなこんなで、ミナミは三角公園に移動。

三角公園。。。
ここでやろう!と言った場所は交番のすぐ横。
えっ、大丈夫なん?怒られない?と思う暇もなく
着々と準備が進む。
ポスターつくり、ディスプレー、海猿風に言えばバディの決定(笑)
それぞれが自分の分担について動き始める。

午前中は人もチラホラで<大丈夫かなぁ(不安)>の
連続・・・それでもみんなで『これから人増えてくるよ!』って
合言葉のようになってた。
増えてきたのは同じように何かを配る人たちだったけど(;汗)
今どきのお姉ちゃんたちが集団でいる。
なっ、なんなんだ?!この集まりは・・?
クーポン雑誌を配ってた(笑)そのお姉ちゃんたちが
私たちのチラシを受取り、話し掛けてくれたりもした。
チラシ配り同士の仲間意識というか、
これも友情?と言うのだろうか?(笑笑)

しかし、若いってすごい!高校生のパワフルな呼びかけは
かなりの距離を離れても聞こえるほどの声だったらしい。

12時をまわったあたりで順番にお昼ごはんに抜けてもらう。
食べなきゃ、暑さに負けそうだからね。
水分補給も注意しつつ残ってる人は声を出し、チラシを配る。
13時を過ぎたあたりでダンサーさんが集まってきた。
その、ダンサーさん達を見ようと人が集まってきた。
おかげでホワイトバンドとキャンドルは
少しずつ売れるようになっていった。

そして、ダンサーさんの中にもホワイトバンドをした人を
発見!!すぐさま、話し掛けに言ってくれたスタッフの女の子。
その子が、ダンサーさんのリーダーに掛け合ってくれた。
MCでホワイトバンドのこと、言って欲しい。と・・・・・・
快くOK!しかも、メンバーさんがキャンドルにメッセージを書き
ホワイトバンドも買ってくれて、みなさんおそろいにしてくれた。

whitebandday2.jpg


16時もまわると、そろそろ追い込みに入らなきゃ
キャンドルの売れ行きが思わしくない。
ディスプレーもおしゃれな感じにしてくれてる。
三角公園に集中してみんなで声出して、頑張ってる。
ダンスを見てる人に直接、説明しに行っては
キャンドルのメッセージへとみんなが誘導し始めてくれる。
いい!いい!いい感じになってきた。
ちっちゃな子供さんまでがメッセージを書きに来てくれた。

20050913174827.jpg


そして、撤収時刻の18時になり、掃除、片付けをして
淀川へ電車で向かう。


中津駅到着!
ホームでホワイトバンドをしたパパ・ママ・ぼくの
家族連れを発見。
同じスタッフの女の子とダッシュ!
『あの~もしかして、ホワイトバンドのイベントに?』
『ハイ。そうですよ』
『私たち、スタッフなんですぅ~』
こんな会話をして一緒に改札まで・・・・・・
改札口には先に現地入りしたスタッフが待っててくれた。
顔見てちょっと安心。
現地スタッフ(代表)に電話すると、たくさん見に来てくれてるから
早く来て!とのこと。
えぇぇぇぇぇぇ?!?!?!?!
走っていく。階段下りて、坂上って、坂下りて・・・
はぁはぁ言いながら見た景色は
人、いっぱいーーーーーーーーっっっ!
もう、キャンドル並んでるーーーーっっ!

そこへ、改札で誘導してくれてた子から連絡!
『未成年の女の子が誘導の中にいるから一緒にそっちに
帰らせてあげて』
そうだ!行かなきゃ!
男の人3人と一緒に迎えに行く。
男の人達が交代して入ってくれる。
『点火は8時半頃の予定だから、15分くらいには戻ってきてね』
と、言葉を残して現地に戻る

『もう、点いてるやんっ!?!?!?!?!?!?!』

急いで電話。

『ごめーーーーん!点いてる!帰ってきてぇーーー』

でも、電話の向こうからは

『もし、まだ来てくれる人がいたらあかんからもうちょっと待つ』

感動した。見たい気持ちもあるだろうに
参加してくれる人たちのことを優先に考えてるって
すごいと思った。私なら速攻帰ってる (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

写真撮ったり、御協力頂いた企業さんの担当してくれた方が
来てくれてたのでご挨拶したり、ボランティア団体さんの
関係者さんが来てくれて、ご挨拶したり。。。

代表は毎日新聞の取材を受けてる。
カメラマンがいろんな角度の写真を撮ってる。
新聞社じゃない、カメラマンの方も来てくれていたらしい。

別な場所ではクリッキングフィルムが流されてる。
静かに、静かに時が流れていってる。
みんな、スクリーンに集中してる。

発電機を借りるのにアタフタしたこともあった。
けど、借りれてよかった。
夜中にスクリーンを借りに行ってよかった。

そうこうしてるうちに、21時近くになる。
見に来てくれた方、スタッフ全員で記念撮影をする。

どこかで声がした。

『せっかくだから、ホワイトバンドしてる腕見せよう』と

私たちは周りのスタッフでホワイトバンドをした腕で
***(3アスタリスク)を作ってみた。
腕と腕が交差する。そこに、みんなの気持ちも交差する。
涙があふれてきた。笑ってるのに涙があふれる。
これを、ほんとの感動っていうんだろうなって・・・

whitebandday3.jpg


キャンドルホルダーを持って帰ってもらう。
残ったのはまとめて、スタッフが持ち帰る。
片付け。。。。『あっ、雨!!!』

キャンドル点灯中に降らなかった。
これは、きっと、みんなの願いと想いが雨を
留まらせていたのに違いない。

すごいパワーだったんだ。みんなの力のすごさを
改めて実感する出来事だった。

最後の挨拶をしてスタッフの記念撮影をして解散。

にぎやかで、でも、感動的で、忘れることの出来ない1日が
ゆっくりと終わっていった。
スポンサーサイト




  1. 2005/09/13(火) 18:27:05|
  2. ホワイトバンド|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
 

  

無料ホームページ ブログ(blog)

copyright © 2005 Powered By ゆうみ allrights reserved

     

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。